pagetop
山口短期大学
flame

大学案内

山口短期大学 > 大学案内 > 情報公表 > 教育理念・教育目標

教育理念・教育目標

建学の精神は「至心」である。それは、「誠心(まことごころ、ピュアな心)」を持った豊かな人間性を意味している。そして、「学問と誠心の調和」により「慈悲慈愛・報恩感謝・奉仕の精神」を内実化し、それを実践できる人間の育成のよりどころとなっている。

こうした人間づくりのための教育理念の具現化において、「容(かたち)は心を呼び、心は容を呼ぶ」ということを念頭に、「容と心」を常に意識した教育にあたり、「教育は奉仕なり」の精神で、感謝と奉仕のできる視野の広い、心の温かい人間づくりを目指している。

また、本学を別名「紫苑の学び舎」と呼んでいる。この「紫苑」は紫苑草のことであり、その花は原野に自生している野菊に似た花で、「思い出草」とも言い、多年生草本で上品で懐かしみのある淡紫色のやさしい草花である。人づくりを目指す学び舎としての本学は、知識的文化人たる前に“温かい人間性”を、学生たる前に“豊かな人間性”をモットーとした教育方針を具現化する教育実践の場であり、その思いを「紫苑草」に託している。また、「紫苑」は「四恩」に通ずるとの思いから、日々、以下のことを心に留めて精進している。

1 親・先祖の御恩   2 教師・先生の御恩

3 社会・国家の御恩   4 神・仏の御恩

実践目標で言えば、1.温かい豊かな人間、2.心美しい人間、3.うるおいのある人間、4.やる気のある人間、5.奉仕のできる人材養成、の5項目について努力するということである。

この建学の精神・教育理念が生まれた根底には、山口短期大学という名称になったときの初代学長麻生繁樹(以降、初代学長と記述する)の社会の荒廃、教育の荒廃への危機意識がある。現状打開のためには何よりも教育の力に負うところが大きく、そのためには人間性豊かな教師・技術者の育成が急務である、という社会的使命感がそこにある。