pagetop
キャンパスライフ
flame

キャンパスライフ

学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援

人間的なふれあいのある時間・空間づくりを!

「明るくフレンドリーな学園」学生部が一番に心掛けていること、それは人間的なふれあいのある場づくり。5人から15人の学生が所属する研究室で、進路・学生生活等々の相談に乗るチューター制を導入しています。

gakuseishien01

山口短期大学では、修学指導係と進路指導係等で形成される学生支援センターを設置しています。 修学指導係は、前期・後期の各期に修学オリエンテーションを実施し、資格や単位修得のためのサポートをしています。進路指導係は、進路ガイダンスを適切な時期に実施し、就職先開拓や就職情報の提供及び就職状況の把握をしています。

また、学生10名未満を一人の教員が相談・指導等を行うチューター制をとるとともに、オフィス・アワーをタイムテーブル上にくみこんでいます。学生支援センターでは、修学指導、進路指導、健康管理が連携して、オフィス・アワーを有効的に活用し、全体指導、チューター個別指導を使い分け、きめ細かい指導を行っています。

山口短期大学では、学生生活に伴う様々な問題・悩みを一緒に考え、学生生活をより豊かなものとするために学生相談室を設置しています。臨床心理士が相談に応じ、必要に応じてチューターと連携し、学生の支援を行っています。

進路指導係 -進路を共に考える-

進路決定は、皆さんにとって短大生活の締めくくりの大仕事であり、大人の社会への第一歩です。
本学では、進路指導係による進路ガイダンスに加え、チューターが一人ひとりの進路相談にあたり、一緒になって皆さんの将来について考えていきます。

厚生補導係 -心身の変化を体験する重要な時期に-

学生期(青年期中期)は大人へ成長することに伴う大きな喜びを体験するとともに成長に必要な様々な悩み、心身の変化を体験する重要な時期です。
厚生補導係では、学生の皆さんが心身ともに健康な学生生活を送っていけるよう様々な支援を行っています。

ボランティア係 -思いやりを共有して-

山口短期大学では、ボランティアサークルやまびこ会の学生サークルが主体となり、県内からさまざまな依頼を受けて、ボランティア活動を行っています。
子どもから高齢者に至るまでの幅広い年齢層の方々へ楽しみを提供し、喜んでいただくボランティア活動を行い、高い評価を得ています。
ボランティアに関心のある学生やサークルなどへの相談、活動支援をしています。

学生・就学指導係 -相談窓口として-

チューター教員を中心に、授業のこと、成績のこと、資格のこと、そして、就職や進学などの進路について、語り合い、相談、指導を行います。
また、健康管理など学生生活における様々な問題について、個別に相談を受けます。

教務係 -学習のためのサポート-

学期ごとのオリエンテーションでタイムテーブル・履修方法・資格取得に関して、学生への伝達・指導をしています。また、授業(集中講義、補講)や定期試験の情報を提供するとともに、授業の出席管理・成績処理管理を行い、チューターを通して、定期的に個別成績通知書を配布します。学生の夢に直結したデータの宝庫の役割をしています。

実習係 -実習を実践するためのサポート-

学んだ知識・技能・技術を、学外の実習で確認し、さらに飛躍するためのサポートをします。
実習生に対して、適切な助言や指導をし、温かさ・思いやり・厳しさを持って、「心の通う支援」をします。