pagetop
山口短期大学
flame

受験生の方へ

山口短期大学 > 受験生の方へ > 在校生・卒業生メッセージ

在校生・卒業生メッセージ

在校生からのメッセージ

本永樹梨杏写真

広がる私の可能性!

本永 樹梨杏

児童教育学科 初等教育学専攻 2年次生
県立防府西高等学校(山口)出身

私は「子どもの教育に携わる仕事に就きたい」という夢をもって山口短期大学に入学しました。短大卒業後の進路として、小学校教諭として働く、幼稚園教諭として働く、また、企業への就職や四年制大学への編入など幅広い選択肢があります。夢の実現に向けて真剣に努力する仲間がいるので、日々の学習も切磋琢磨しながら、自分を高めることができます。

私は山口短期大学で漠然とした夢を具体的な夢へと変えたいと思い、たくさんのボランティア活動に参加しています。その中で、防府総合支援学校での児童生徒との触れ合いがきっかけで、特別支援教育についてもっと勉強したいと思うようになり、四年制大学への編入を考えるようになりました。

皆さんも互いに高め合える仲間と自分の将来への選択肢を広げてみませんか?

藤川幸希写真

ここに来て良かった!
次は自分が「支える人」に

藤川 幸希

児童教育学科 初等教育学専攻 2年次生
県立山口農業高等学校(山口)出身

山口短期大学に入学する前は自分がどれだけ多くの人に支えられているかに気付けていませんでした。

しかし、仲の良い学友ができ、楽しい学園生活を過ごしていけるようになると、小さい頃から先生方の絶え間ない支援のおかげでここまで学んで来れたのだと、気付くことができました。講義を通して、先生方の授業の創り方など目に見えないところでこんなにも準備されているのかと驚きました。自分の将来は自分で決めるとはよく言いますが、実は自分の進む道を支えてくれる人がたくさんいたんだなと思えるようになりました。自分もいずれ子どもたちを支える人になれるよう努力していきたいと思います。

ともあれ、社会や人間について視野が広がり、より豊かな自分自身に成長していく毎日です。ぜひ皆さんもこの学び舎で、楽しく明るく、「豊かな人間性」をつくってみませんか?

小村真奈加写真

「天職」に向かって頑張っています!

小村 真奈加

児童教育学科 幼児教育学専攻 2年次生
県立三刀屋高校(島根)出身

私は保育士になるために山口短期大学に入学しました。私にはとても憧れている保育者がいます。その先生は明るくて、子供が悩んでいたら話しかけ、時には背中を押して、また、温かく見守ってもくださいます。その先生のようになりたいと毎日勉強を頑張っています。

将来の進路への不安はまだたくさんありますが、同じ保育士を目指す友達や相談に乗ってくださる先生方のお陰で、大変なことも無事に乗り越えています。何より、観察実習やボランティアなどで直接子どもと関わり、子どもたちの笑顔を見ると、もっともっと頑張ろうと思います。

理想の保育士となれるよう、忙しいですが、仲間と楽しく充実した日々を過ごしています。皆さんも一緒に夢を叶えてみませんか?

志賀秀成写真

きらきら笑顔が僕のチカラに

志賀 秀成

児童教育学科 幼児教育学専攻 2年次生
誠英高等学校(山口)出身

私は保育士になるために山口短期大学に入学しました。入学して感じたことは、本学はボランティアにとても力を入れていることです。防府市の「家庭の日、親子ふれあいイベント」にもボランティアとして協力しています。このイベントは毎月第三日曜日に実施されるもので、学生が主体となり、企画・準備・実践をしています。

先日、私は「竹馬コーナー」を担当しました。初めて竹馬に乗る子もいたので、竹馬の棒の握り方や歩く角度を教え、子どもたちが歩けるように棒を支えました。最初は怖がっていた子どもたちも慣れると歩き出せる子もいました。できた子どもたちの喜びを一緒に感じられたので、改めて子どもと関わることが楽しいと感じました。このボランティア活動を通して子どもたちと関わることがとても好きになり、一層強く保育士になりたいと思いました。

松岡希枝写真

山短で、充実した毎日を

松岡 希枝

児童教育学科 幼児教育学専攻 2年次生
県立新南陽高等学校(山口)出身

山口短期大学では保育士と幼稚園教諭の資格が取ることができます。その他に介護や養護などの施設のことについても学ぶことができます。

授業は1コマ90分と、高校に比べたら長いですが、座学だけでなく、図工や音楽などの実技の授業もあります。特に、ピアノは先生と一対一でレッスンを受けることができますし、個室で集中して練習することもできます。

また、学校生活などでわからないことや困ったことがあれば、いろいろな先生に気軽に相談できるので、安心して過ごすことができます。ボランティア活動や学園祭など学校行事も充実しており、地域の方々や他学科の学生と関わる機会も多々ありで、楽しく学園生活を過ごしています。

光田龍彦写真

勉強もサークル活動も充実

光田 龍彦

情報メディア学科 2年次生
県立防府高等学校(山口)出身

情報メディア学科は、講義形式の授業ばかりでなく演算形式の科目が多くあります。例えば、コンピュータを構成している電子回路の学習をする論理回路では、実際に自分で回路を組み立て、動作確認をして理解を深めています。また、パソコンを使って色々なプログラムを制作する科目もありますが、基礎から教えてもらえるので、苦手な人でも安心して授業を受けることができます。

私は、放課後は、他の学科の仲間ともバスケットボールをして楽しく体を動かしています。本学には、色々なサークルがあるので、人によっては複数所属している人もいます。皆さんも、ぜひ積極的にサークルや学校行事に参加して楽しい大学生活を送りましょう。

中村咲稀写真

充実した大学生活が送れます!

中村 咲稀

情報メディア学科 2年次生
県立新南陽高等学校(山口)出身

情報メディア学科の授業は、たくさんの専門用語が出てきます。色々と覚える事が多く大変ですが、先生方がわかりやすく解説してくださるので、楽しく学ぶことができます。

また、私が所属している学科の仲間だけでなく、他の学科の仲間と一緒にコミュニケーションをとり、困った時や勉強がわからない時など、お互いに協力して助け合うなどして、とても人間関係が充実しています。さらに、この大学には留学生が多く在籍しており、それぞれの国の文化が学べ、勉強になることがたくさんあります。

勉強も人間関係も充実した大学生活を私たちと一緒に送ってみませんか?

卒業生からのメッセージ

神代亜希子写真

山短での経験で自信がつきました

児童教育学科 初等教育学専攻
平成28年3月卒業
県立柳井高等学校(山口)出身

神代 亜希子

小学校の先生になるという夢を叶えるために、山短に入学しました。現場で実際に勤務しておられた先生方も多く、講義も「学ぶのが楽しい!」「もっと知りたい!」と心から思うようなものが多かったです。進路の悩みや相談にも乗っていただき心強かったです。

卒業後は、大阪教育大に編入し、昼は山短で取得した教員免許状を生かして講師として大阪市の小学校に勤務し、夜は大学に通いました。教員として働く中で悩むこともありましたが、山短で学んだことを思い出しながら試行錯誤をして、子どもたちの「できた!」という声や笑顔に出会うたびに、やりがいを感じ、元気をもらいました。

今年、山口県教員採用試験に合格し、春から勤務する予定です。山短で学んだこと、出会った先生方、共に学んだ仲間は私の宝物です。この宝物を糧に、これから教員として頑張っていきたいと思います。

中田舞音写真

憧れの先生への道は山短から

児童教育学科 初等教育学専攻
平成28年3月卒業
県立徳山高等学校(山口)出身

中田 舞音

萩市立小川小学校(山口)勤務

私は、山口短期大学で学んだことで自分の夢を叶えることができました。

現在は、小学校教諭三年目で複式学級の担当をしています。一年目は二年生、二年目に五、六年生、現在は三、四年生と、幅広い学年を持たせていただいています。子どもたちが主体的に取り組める授業作りを目指して奮闘中で、まだまだ毎日勉強の日々です。忙しいけれど、本当に充実しています。

この教職に就くことができたのも、山短で学び、仲間に支えられた毎日があったからこそと思います。卒業して数年が経っても初等教育学専攻の仲間と集まりますし、華門祭も毎年(こっそり?)おじゃましています。

たくさんの学びと出会いをくれた山短に、心から感謝しています。

吉村佳織写真

今、感じること、思い出、学び

児童教育学科 幼児教育学専攻
平成30年3月卒業
県立周防大島高校(山口)出身

吉村 佳織

放光保育園(柳井)勤務

現在私は、保育士として忙しい日々を送っています。1年経って、まだ様々な面で慣れないことも多く、子どもがケガをしてしまった時、たまたま他の子どもに対応中で、目を離してしまっている時がありました。状況をつかめていないと保護者に説明や謝罪もできないので、子どもと遊びながらでも全体が見渡せるようになっていきたいです。

また、この1年で様々な種類の感染症の名前も知ることができました。

山口短大時代の思い出は、留学生との交流ができた事です。言葉はわかりませんが、外国語で話している姿が興味深く、楽しかったです。

就職して感じたことは、書類を書く機会が多く、在学中にもっと文章を書く練習をしておけばよかったと反省しています。今思えば、学ぶ時はしっかり学んで疑問があれば後回しにしないで聞く、遊ぶ時は心置きなく遊ぶ、とメリハリをつけていくことが大切だと思いました。

平岡幸写真

きっかけは「施設実習」でした

児童教育学科 幼児教育学専攻
平成27年3月卒業
山口県桜ケ丘高校(山口)出身

平岡 幸

(有)ケアポート徳山(山口)勤務

私は今、放課後デイサービスの保育士として働いています。この仕事に就くきっかけになったのは、山口短大での「施設実習」です。障害のある子どもたちと関わることは、不安や困惑が多くありました。しかし日を追うごとに一人ひとりの個性も見えてきて、苦労は多いけれどやりがいを感じるようになりました。

在学中、就職の時期が近くなるにつれ、職場を決定するのをなんとなく先延ばしにしている自分がいました。そこで、実習日誌を読み返しているうちに「学んだことを社会に出て生かしてみたい!」という気持ちが大きくなりました。前から健常者より障害のある子どもが気になって目がいっていたので、今の職場は自分に合っています。子どもが満面の笑顔を見せてくれたり、秘密のことを言ってくれたりすると、信頼してもらっていることに喜びを感じます。

実習は辛い!でもその先に必ず生かせるので自信を持って頑張ってください。

平山純麗写真

見つける、選ぶ、私の「道」

情報メディア学科
平成30年3月卒業
県立熊毛北高等学校(山口)出身

平山 純麗

山口トヨペット株式会社(山口)勤務

私は、現在山口トヨペット株式会社に勤務しております。営業を支える事務職をしておりますが、営業マンに負けないパワフルさをもち、誰からも信頼される事務員を目指して日々頑張っています。

山口短期大学に入学して初めて留学生に出会いました。彼らとはすぐに打ち解け、母国の事などたくさんの話をし、授業中も一緒に問題を解決するなど、なかなか体験することができない学生生活を送りました。

これから入学する皆さんも色々な事を体験する事と思います。するとそこからたくさんの道が見えたり夢が出てきたりします。私はその中からこの仕事を選びました。みなさんも充実した人生を送れる「道」をこの山口短期大学で見つけ、決め、歩んでいってほしいと思っています。