pagetop
山口短期大学
flame

大学案内

山口短期大学 > 大学案内 > 数理・データサイエンス・AI教育プログラム

数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)

 学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ、数理・データサイエンス・AIを適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成すること及び数理・データサイエンス・AIを活用して課題を解決するための実践的な能力を育成する教育プログラムを全学的に実施することを推進するために、本学に数理・データサイエンス・AI教育プログラム推進センターを設置し、全学生が修得できる教育プログラムとして実施します。

教育プログラムの概要

開設科目及び概要

データサイエンス入門(令和3年度 シラバス)

教育プログラムの学修成果

  1. 数理・データサイエンス・AIが社会にもたらした変化およびデータ・AIの利活用の最新動向について説明できる。
  2. 社会で利活用されているデータやその活用法およびデータ・AIの活用領域について説明することができる。
  3. データ・AIの利活用により現場においてどのような価値が生み出されているか、また、その際に利用されている技術について事例を挙げて説明できる。
  4. 数理・データサイエンス・AIの利活用に当たり留意すべき事項(ELSI、データ倫理、情報セキュリティ等)を説明できる。
  5. データを適切に処理・分析し、データが持つ意味を説明できる。

教育プログラムの修了要件

「データサイエンス入門」の科目の単位(2単位)を修得すること。
「データサイエンス入門」には、5つの到達目標(学修成果)が設定されており、各到達目標に対しルーブリック評価に基づいた結果で60点以上の評価で単位を認定する。

実施体制

数理・データサイエンス・AI教育プログラム推進センター

  1. センター長 教員1名
  2. センター員 教職員若干名
  3. その他センター長が必要と認めた者

数理・データサイエンス・AI教育プログラム推進センター規程

自己点検・評価

自己点検・評価の結果

山口短期大学自己点検・評価書